ピューレパールをiライン(デリケートゾーン)に使うリスク!?

ピューレパールをiライン(デリケートゾーン)に使うリスク!?

 

ピューレパールといえば、v・i・oラインなどデリケートゾーンに使えるくらい肌にやさしいのが大きな特徴ですよね。
なのに、iラインに使うとリスクがある

 

それはどうしてなんでしょうか…

 

理由は簡単で、vラインやoラインと違って、iラインには粘膜の部分があります!
そう…小陰唇のことです!

 

いわゆるビラビラ(ピンク〜黒)”と呼ばれている部分で、ここは身体の内部(粘膜)が外にむき出しになっているような状態です。

 

すこし話がズレますが、目も粘膜部分ですよね。

 

よく、シャンプーなどの商品の注意書きで、『誤って目に入ったらよく洗って、医師に相談してください』と書かれていますが、まさにあれと似ています。

 

基本的に、どんな医薬品・医薬部外品・化粧品などあらゆるものは『粘膜』には使わないよう説明書きがあります。

 

ピューレパールが使える部分を具体的に言いますと、こんな感じになります!

 

■iライン(小陰唇を除いた外側)
■vライン(水着や下着を着ても覆われない部分)
■oライン(肛門以外)

 

ちなみに、ブログなどで小陰唇(ビラビラ)に使っている方もいるようですね。(自己責任でしょうけど…)

 

常に湿っている部分がいわゆる粘膜部分に当たるので、乾いている部分になら塗っても平気なのでは?
と考えている方もいるのかもしれません。

 

でも、個人的には危険だと思います・・
なので、もしもあなたが膣口〜小陰唇以外に使うのでしたらピューレパールはオススメできますよ!