ピューレパールは色素沈着にはどう?

ピューレパールは色素沈着にはどう?

色素沈着にはどう?

ピューレパールがどのタイプの色素沈着に使えるかというと…

いつの間にかコッソリと肌から浮かび上がる黒いヤツ…

 

いわゆるシミや色素沈着とか言われているこの症状ですが、これにはピューレパールがどのくらい役に立つのか!?
まず、答えから言うと…

 

その色素沈着がどの種類かで変わってくる!

 

っていうのが答えですね。
「え?どういうこと?」ともしかしたら疑問に思うかもしれません。

 

実は、色素沈着と一口に言っても、いろいろな種類があるんです!

 

色素沈着にも種類があります!

・まるでニキビのようなポツポツとしたもの
・部分的に茶色の絵具を塗りたくったようなもの
・ちょっとボコッと膨らんでいてそこにシミが集中している特殊なもの

 

色素新着にも、さまざまなタイプがあります。

 

あなたの色素沈着がどれかなのかを知っておきましょう!

 

老人性色素沈着

紫外線が原因でできるシミで、大半の方がこれに当てはまります。
ほほや顔の外側部分(Uライン)にできやすいのが特徴です。

 

定着してしまうと化粧品では対処できなくなるので、早めの行動が重要です!
早い段階なら肌のターンオーバーを正常にすることで少しずつ消すことができます!

 

炎症性色素沈着

どこかにぶつけたときの傷や切り傷、虫さされなどの跡を放置すると茶色くなって、このシミになります。
さらに紫外線を浴びると悪化してしまいます。

 

これもまだ自分自身の代謝機能(ターンオーバー)でなんとかできる範囲です。
基礎化粧品で肌のターンオーバーを高めて自然に修復できます。

 

肝斑

ほほ骨周辺(眼の外側)にできる赤っぽさのあるシミです。
左右対称にできるんですが、下あごや鼻の下にできるパターンもあります。
このシミは、女性ホルモンの影響やストレスが大きく関係します!

 

治療方法としては、あまり化粧品は有効でないので、飲み薬やピーリング、レーザー治療などが有効です。

 

そばかす

これもシミとして有名ですね。
左右のほほ、鼻にかけてブツブツしたシミが広がる状態です。
遺伝によるものもあるため、化粧品ではなく皮膚科での本格的な治療が必要です。

 

ピューレパールはどのシミに使ってもOK?

いくつか挙げましたが、ピューレパールとどれが相性が良いか書くと…

 

■老人性色素沈着(初期) ⇒ ○
■老人性色素沈着(症状が進んだもの) ⇒ ×
■炎症性色素沈着 ⇒ ◎
■肝斑 ⇒ △
■そばかす ⇒ ×

 

イメージとしてはこういう感じだと思います。

 

もちろん例外もありますが、基本的にはあなたが↑に書いた症状のどれに当てはまるかで考えてみてください!

 

ちなみにピューレパールが使えたとしても、あなた自身が色素沈着・黒ずみを作ってしまう生活をしてしまったらあまり意味がなくなってしまいます!

 

そのため、ピューレパール+あなた自身の生活習慣も見直すことが大事ですよ!