ピューレパールの成分はどんな感じ?

ピューレパールの成分はどんな感じ?

成分はどんな感じ?

 

やっぱり、どんな成分が入っているか分からないと不安なところ・・・

 

なので、ここではいったいどんな成分が含まれているのか、そしてどんな効能なのかを調べました!

【ピューレパールの成分は?】

有効成分:
グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス
その他の成分:
3−Oエチルアスコルビン酸、ビサボロール、米糠抽出物加水分解液A、水溶性コラーゲン液−4、ヒメフウロエキス、ヒアルロン酸Na−2、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、トレハロース、ステアロイルフィトスフィンゴシン、濃グリセリン、トリメチルグリシン、カルボキシビニルポリマー、水酸化A、キサンタンガム、ジメ
チコン、天然ビタミンE、BG、1,2−ペンタジオール、フェノキシエタノール、エチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、精製水

【ピューレパールの効果・効能は?】

成分はどんな感じ?

■メラニンの生成を抑えしみ・そばかすを防ぐ
■肌をひきしめる
■肌を清浄にする
■肌を整える
■皮膚をすこやかに保つ
■皮膚にうるおいを与える
■皮膚を保護する
■皮膚の乾燥を防ぐ
■油性肌
■かみそりまけを防ぐ
■肌荒れ
■あれ性
■日焼け・雪焼け後のほてりを防ぐ
■あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ

 

無添加(石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、紫外線吸収剤、シリコン)

 

有効成分はだいたいどの医薬部外品(ピューレパールも医薬部外品です)にも含まれている典型的な成分です。

 

たとえば有効成分のグリチルリチン酸2Kですが、これは高い抗炎症作用と抗アレルギー作用を持っている成分です。
甘草という植物から抽出されたもので漢方で使われていたり、皮膚科でニキビ治療を目的として扱われたりしています。
最近では化粧品でも使われることが多いです!

 

水溶性プラセンタエキスは、プラセンタ(胎盤)をエキスとして抽出してそれを水溶性(水に溶けやすい性質)にしたものです。
これもよく美容化粧品であったり、医療でも使われることが多くなっています。
アミノ酸やミネラル、ビタミン、酵素など重要な成分が含まれています!

 

その他の成分も医薬部外品、ローションや乳液など化粧品全般に使われている成分ばかり・・・ではあるんですが、だから絶対安心かというとそういうわけじゃないです!

 

たとえば、この成分の中にあなたが持っているかもしれないアレルギー反応を起こすものが入っているかもしれないですし、喘息もちの方だとフェノキシエタノールという成分で喉の痛みや咳が出る可能性もあります。

 

もしあなたが成分に不安を感じるようでしたら、まず最初はパッチテストをしてから、問題なければ続けるようにしたほうが良いと思います。

 

パッチテストといっても病院でやるような本格的なものじゃなくて、二の腕の内側あたりに10円玉サイズにピューレパールを“薄く”塗って24〜48時間ほど様子を見るだけです。

 

これでもしかゆみやヒリヒリ、真っ赤に腫れるなどしたら使うのを止めて60日間の返金保証を使って返品・返金、逆にふつうに大丈夫そうだったらそのまま続けるっていう流れが良いですよ^^*